すみれ色のつぶやき

宙組贔屓 / 永遠のまぁ様ファン / 亜音くんにハマり中

【スポンサーリンク】

宙組再開!初日観劇

f:id:sumiregoto:20240620201942j:image

 

宙組公演

Le Grand Escalier -ル・グラン・エスカリエ-

 

2024年6月20日

大劇場初日を観劇してきました

素晴らしい初日でした

 

 

 

宙組が再開するまで

キョロちゃんが公演復帰するまで

 

どうしてもブログを更新する気になれなかったけどようやくこの日が来てくれた。

 

胸がいっぱいでレポは書けそうにないけれど落ち着いたら書き溜めたい。

 

 

 

劇場前には報道陣がいたけれど思ったより全然少なかったな。

でも普段の初日より多かったけど。

 

劇場内には初日は挨拶で劇団の人たちも立っているけど今日は警備の人っぽい方もちらほら。

万が一のために配備していたのかな。

 

だけどそれは杞憂に終わり、客席はB席まで満席で最後まで温かい拍手で包まれていて、今日の大劇場は宙組ファンで埋め尽くされていて愛の空間だった。

 

 

 

f:id:sumiregoto:20240620202331j:image

 

開演前は組長ではなく劇団からの挨拶。

そして開演アナウンスとともに割れんばかりの拍手。

 

 

 

幕開きはトリコロールカラーの布を被った大階段のセンターにキキちゃんがいて、それだけで胸がいっぱいになった。

 

そして、あれ?この布の均一な膨らみ方・・・

まさか下に宙組男役がスタンばってるのでは?!と思った瞬間サッと布がはけて、男役がズラリと勢揃い。

 

 

吉正の演出神!!

 

 

モンパリから始まり歴代の宝塚で歌い紡がれていた曲が大半の構成。

レヴューの曲が多いからかテンションが上がる構成というよりはクラシカルな古き良き宝塚を感じさせる場面が多かった。

 

 

 

f:id:sumiregoto:20240620203254j:image

 

キョロちゃん復帰泣ける・・・

輝いていました!

 

 

 

デュエダンは王家に捧ぐ歌。

その直前はエクスカリバーの未来へ。

 

マナトリ思い出して泣くよね。

ここだけはまぁ様がいた頃の宙組を思い出してしまって切なくなった。

 

それ以外にもキョロちゃんがかつてまぁ様が歌っていたザ・レヴューを歌ったり随所にまぁ様を思い出させるからなんか、もう、、

 

 

 

 

カーテンコールは初日の挨拶も劇団からなのかと思ったけれど、通常通りまっぷーとキキちゃんから挨拶があった。

どちらも話した内容は公演中止と演目変更の謝罪、そして客席への感謝の気持ち。

 

初日になんて挨拶させるつもりなんだと思っていたけれど舞台を支える人への感謝に終始し、千秋楽までの精進の気持ちを伝えるに留めたのは100点の挨拶だと思った。

 

きっとこの挨拶にも色々な感想があるだろうけど、お金を払って客席に座っている観客は舞台を観に来ているのであって、その観客に対して言うべき言葉は今日のセリフ以外考えられないと思う。

 

カテコは3回。

本当は2回。

 

2回目のカテコはお礼のみで打ち切るかのように幕が降りたら幕にキキちゃんの映像と共にFinの文字が出て、終了のアナウンスが流れた。

 

だけど拍手が鳴り止まなくて、客席がスタンディングオベーションになって、もう一度幕が開いた。

組子が揃った状態で割れるような拍手の中もう一度キキちゃんがお礼を言って幕が降りた。

 

 

 

初日おめでとう!ハッピー!な雰囲気ではないし、何も考えずにただただ楽しいと思えるほど私の頭の中も簡単ではないけれど、ファンの私の複雑な気持ちなんて生徒たちの抱える想いに比べたら霞むようなもの。

 

それでも今日舞台に立つと決め、最後まで初日をやり遂げ、最高の初日を創り上げた宙組生にはただただ拍手を送りたい。

 

 

私はやっぱり宙組が好き。

宝塚が好きだけどやっぱり私は宙組が好きなんだと思った。

 

とりとめなくなっちゃった。

明日はレポ書くぞー